So-net無料ブログ作成
検索選択

第5回 わくわく口笛コンサート [わくわく口笛コンサート]

日時    2011年 10月9日 (日)

場所    大東市立文化情報センター (DIC☆21)

010.jpg

ロビーには今まで参加してくれた参加者の写真が飾られました。

プログラムは第5回を記念してカラー12ページの

口笛新聞風に編集されました。沢山の方が寄稿してくれました。

本当にありがとうございました。

繧繝縁261.jpg繧繝縁262.jpg

繧繝縁268.jpg繧繝縁265.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「第5回 わくわく口笛コンサート♪」  (プログラム 1ページより)

大東市主催の「ライブフェス」に参加したのが縁で、口笛に4ピッタリの会場に出会ったのが4年前。DIC☆21を口笛の聖地にしようと、仲間たちと意気投合し、2008年第一回♪「わくわく口笛コンサート」をスタートした。

最近の公共施設の壁面には一切貼り紙などが禁止され自由に会場をレイアウトできません。 DIC☆21にほれ込んだのは壁面を自由に利用できることでした。

私は予てから、どのようなイベントでも、必要最小限の演出が必要であることを念頭においてきました。

これは営利を目的としないイベントであっても 参加者の気持ちを盛り上げるために必要不可欠なことだと思っています。

中学生のバレーボール全国大会である「爽やか杯」が大阪体育館で開催された時、玄関前から会場に至るまでの通路を利用した見事な演出を施した心意気に感動し、会場に足を踏み入れてからは選手たちがその演出を上回る躍動的な輝きを見せてくれたことが、忘れられない光景として脳裏に焼きついています。

「わくわく口笛コンサート」も第一回目で自由に会場演出できることを知り、二回目以降からは「スポーツ新聞風」「週刊誌風」のポスターで壁面を演出しました。

また会場のプロジェクターを利用して「タイトル表示」スクリーンを最大限に利用した「パワーポイント紙芝居」など、設備を十二分に利用した演出に力を入れてきたのも、バレーボールの全国大会における主催者の「情熱とやる気」が私の理念の一つとなったからです。

本来なら専属の技術スタッフがすべて管理する音響関係においても緒方さんの活躍で自由に操作できることは、手作りコンサートにとっては心強いパワーになっています。

全国に口笛のイベントはたくさん存在します。

努力しているイベントとそうでないイベントの成果は参加者にとってあまり変わりはないと思います。

でも「満足」が「感動」に変わるとき、イベントは記憶として長く心に留まるものと信じてやみません。

私がやりたかった♪「わくわく口笛コンサート」の演出もすべて出し尽くしました。

これも5回にわたり、私のわがままに反対もせず、すべてを受け入れていただいた参加者の皆様と実行委員の皆様の、ご協力があってこそと感謝しております。

紙面とお借りしてお礼の言葉に代えさせていただきます。

 

              わくわく口笛コンサート 実行委員長   平沢行雄

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

005.jpg046.jpg051.jpg114.jpg120.jpg147.jpg186.jpg171.jpg214.jpg243.jpg263.jpg281.jpg303.jpg317.jpg331.jpg336.jpg365.jpg376.jpg

390.jpg

打ち上げの様子です。

410.jpg

411.jpg

アクロス通信で紹介された記事です。

わくわく口笛コンサート_レポート原稿.JPG


トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

トラックバック 0

わくわく口笛コンサートの演奏はこちらで聴けます。

http://www.youtube.com/watch?v=3O-qPoQT23Q&lr=1

第7回 わくわく口笛コンサートの演奏

http://www.youtube.com/user/kuchibuewakuwaku/videos?view=0

口笛吹きたちで作る楽しい口笛のコンサート!!

 

_DSC0143.jpg

口笛吹きたちで作る楽しい口笛のコンサート!!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。