So-net無料ブログ作成

プチわくわく口笛コンサート  (番外) [わくわく口笛コンサート]

   2009年 7月19日(日)

大東市立 文化情報センター DIC☆21

第3回のわくわく口笛コンサートに向けての 「ぷちわく」だったのですが30名の口笛吹きが参加。

翌日開催された口笛でのギネスに挑戦イベントに寄せ書きを送りました。

_DSC0294.jpg

480.jpg

 2009-7-19 ぷちわくわく口笛コンサート 013.jpg2009-7-19 ぷちわくわく口笛コンサート 030.jpg2009-7-19 ぷちわくわく口笛コンサート 058.jpg

2009-7-19 ぷちわくわく口笛コンサート 075.jpg2009-7-19 ぷちわくわく口笛コンサート 085.jpg2009-7-19 ぷちわくわく口笛コンサート 112.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カストリ酒   (プログラムより)

戦後物資不足から工業用アルコールが世に出回った。

それを巷ではカストリ酒と言った。どれだけ酒に強い人でも三合飲むと酔いつぶれるという強烈な酒である。当時低俗な雑誌も酒と同じようにどんどん発行された。

ところが内容に乏しい雑誌は3号発行されたら、次々と廃刊に追い込まれていく。

いつの日かそれらを、酒とオーバーラップさせ、3号出版したらつぶれる雑誌を「カストリ雑誌」と呼ぶようになった。どんなことでも3回は情熱が応援してうまく事が運ぶが、だんだん熱がさめてくる。

 飽きてくるのである。人生すべてこれとの闘いかもしれない。お店では3回以上のリピート客を「常連客」と呼んでいる。

その常連客でさえいずれ、お店に飽きて来る。お店では新しいメニューを考えたり、お店を改装したり・・・・・リニューアルに努力する。

それに成功している所は継続が約束される。

人間とはすぐ飽きる動物なのか?「わくわく口笛コンサート」もプチわくを含めて、3回を数えることになる。来年3月の開催が第4回目になる。内容の無いコンサートならば、自然に淘汰されるに違いない。私たち実行委員会は次に繋げるために、会の活性化を図るべく、新しい企画を考えている。

皆さんの情熱を結集して「わくわく口笛コンサート」を定番のコンサートにしてこの地に定着させたい。

そのためにも主催者・参加者とも「飽き」との戦いになるであろう。

今回は第二回の反省から会場運営に改良を加え、来年3月の本番に備えるためのプチ♪「わくわく口笛コンサート」である。

リハーサルといっても本番と同じ形で進行されていく。 

出演者が、自分の持ち時間を最高の形にしあげるために演奏に挑戦する。

今日は存分に、口笛を楽しんでほしい。

 

  企画 ・構成委員長    平沢行雄  ☆シナプス☆ 

 

 


トラックバック(0) 

トラックバック 0

わくわく口笛コンサートの演奏はこちらで聴けます。

http://www.youtube.com/watch?v=3O-qPoQT23Q&lr=1

第7回 わくわく口笛コンサートの演奏

http://www.youtube.com/user/kuchibuewakuwaku/videos?view=0

口笛吹きたちで作る楽しい口笛のコンサート!!

 

_DSC0143.jpg

口笛吹きたちで作る楽しい口笛のコンサート!!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。